宮島・広島のお土産の代表格の一つで、寛政の頃(1800年頃)、神泉寺の僧・誓真という人が考案し、御山の神木を使って作ることを島の人々に教えました。
この神木の杓子で御飯をいただけば、ご神徳を蒙り福運をまねくといわれ、宮島杓子の名声は広く伝えられています。

宮島杓子